勝手口ドアの必要性について

現在勝手口ドアを設置している新築物件が年々減少している傾向がありますが、玄関とは別にドアがあることによって、庭先に気軽に出ることができる物件も存在するため、自分の暮らしの中で必要と感じれば設置工事を行う方法も一つの手段です。マイホームは長年の間暮らし続ける人々にとっての住まいのため、できる限り自分が理想とする住まいに近づけたいと誰もが考えていますが、設置工事や物件の購入費用が予想以上に高く、設置することを諦めなければいけない人も存在するので、自分の現状をしっかりと把握するために、家計の内容を常に理解しておく必要があります。勝手口ドアなどの設置費用は業者により非常に異なる可能性があるため、費用を捻出することができる金銭的な余裕が少しでもあるならば、複数の業者に見積もり依頼を行い設置工事を行うことが大切です。

勝手口ドアにも種類があります

勝手口ドアにも様々な種類があります。まずは店舗や事務所で使うの向いている勝手口ドアがあります。もちろん一般の家庭でも使うことはできます。カラーもたくさん取り揃えています。ブロンズやホワイト、シルバー、ブラックなどがあります。設置する場所の雰囲気に合わせて選ぶと失敗することもないでしょう。把手のバリエーションもあります。握り玉や押板、バーハンドル付から選ぶことができます。他にも採風を取り入れた勝手口ドアもあります。断熱性能もあります。カラーバリエーションもたくさんあります。このタイプはドアを閉めたまま採風や換気ができるところがとても魅力的です。ダブルハング部は滑車による障子吊り下げ方式になっています。このおかげでスムーズな開閉が可能になっています。防犯面のこともきちんと考えて鎌錠付デッドボルトを付けています。

一軒家にある勝手口ドアについて

一軒家には、必ず勝手口があります。南側をリビングや子供部屋など、住環境の中心になる様に住居設定しますから、だいたい日本の住宅においては、北側に玄関やキッチンを設ける設計が多く見られます。ですから勝手口のドアも自然と北側に配置される事が多いでしょう。良く見るホームアニメなどでは、勝手口ドアから酒屋さんが訪れて、オーダーを取って帰って行くシーンを見かけますが、大豪邸でもない限り、ごく一般的な通常の戸建てに置いては、勝手口はその家のお母さんが、空き瓶や生ごみなどのゴミを捨てたり、そういう場面でしか使用しないドアかも知れません。けれどやっぱり経年変化して行きますし、玄関程重厚ではなく、サッシで出来た軽い素材の物も多い為、ガタがくるのも結構速いです。鍵がかからなくなったら防犯の意味でも危険ですから、時々は確認して、締りが悪ければ買い換えましょう。