勝手口ドアこそ厳重に

日本の治安は世界一と言われていますが、地域によっては依然として高い犯罪発生率を記録しています。中でも近年、空き巣等の犯罪が騒がれています。空き巣は短い時間で一気に自宅にある財産をすべて奪い去ってしまいます。空き巣など侵入系の犯罪者は、勝手口ドアから侵入することが多いです。というのも、多くの家庭では玄関のドアは強固でしっかりとした物にする傾向が強いですが、勝手口のドアを簡易的なもので済ませていることが多いからです。空き巣などといった犯罪から身を守るために、勝手口のドアこそ頑丈な物にすると良いです。リフォーム等でドアを強固な物にし、大事な財産を守りましょう。また勝手口のドアは多くの場合キッチンの横についている場合が多いです。何かと利用することも多い勝手口ドアだからこそ立派なものにすると良いです。

空き巣には注意の勝手口ドア

一軒家には必ずと言っていいほど備わっている、台所付近の勝手口ドアですが、空き巣が狙って入ってくるのは、この勝手口ドアからと言うパターンが非常に多く、人の出入りが激しい年末年始などは、戸締りを十分気を付けて鍵をかける習慣をつけておかなければなりません。意外と玄関より、出入りに使う家庭も多いですが、玄関より重厚さはありません。何回も開け閉めしていれば、何となく締りが悪かったり鍵がかけにくかったりと、不具合も出て来るでしょう。何となく使い勝手が悪くなったとか、立てつけが悪いと気づいたら、すぐに修理に来てもらったり、新しいドアと取り替えたりして置いた方が、防犯の面から考えても、良い選択でしょう。何かと玄関よりも気を抜きがちな勝手口ドアですし、キッチンなどの裏手に位置する為か、どうしても死角になりがちで、犯罪の温床にもなり易い為、要注意です。

勝手口ドアの意外な落とし穴

玄関はお客さんが出入りするという場所であるのに対して、勝手口は台所に通じるいわば近道のような便利な入口です。玄関ほど重要性もないことからか身内しか使わないということからか、勝手口ドアにはカギをつけないという人が現在でも多くいます。しかし勝手口のドアに鍵をつけないと防犯上危険であるということをご存じでしょうか。一軒家に侵入してくる不審者は、玄関だけでなく、空いている窓やドアの隅から隅まで探します。恐らく、玄関の戸締りや窓の戸締りなどちゃんとしている人は多いでしょう。しかし、なかなか勝手口の鍵がかかっていなかったり、そもそも鍵がなかったりというような家は多くあります。恐らく、そこまで不審者が見ないと考えてのことなのでしょうが、それはとても危険です。もし、まだ鍵をつけてないようでしたら、早めに取り付けることをおすすめします。